■2015冬号
飲む楽しみから味わう楽しみへ

contents

004 2015 WINTER
飲む楽しみから味わう楽しみへ
002
石本酒造
ただひたすらに「上質な酒を醸す」 前進し続ける無二のブランド「越乃寒梅」
006
五町田酒造
不易流行を貫き、酒造りの本流を次代へ
010
飯沼本家
「上質な田舎」をテーマに“新しい酒蔵の形”の実現を目指す
014
菊正宗酒造
品質本位で頑固に守り続けた「菊正宗」の財産、生酛の辛口酒
018
宮下酒造
極みのひとしずくを追い求め。続く、限りなき挑戦
022
今田酒造本店
受け継ぐ広島杜氏の技と意気。郷土の恵みに感謝の“吟造”
026
天領酒造
「飛騨の地酒」の未来を守るため、地域連携でブランディング
030
上野 伸弘
おもねるのではなく、導く姿勢で
031
百瀬 あゆち
港は世界第2位の日本酒輸出先です
032
菊谷 なつき
Re-defining Sake in London 海外進出のススメ
033
稲葉 智章
現地でのシェア奪還を図る台湾清酒
034
藤田 貴己
ずっと愛され続けるアルコールとなるために
035
副島 顕子
酒蔵がそれぞれに醸す個性を楽しむ嗜好品 人と風土が造る酒
036
かっぽうぎ
「越乃寒梅」が気軽に楽しめる店、家庭的な料理で、ほっとひと息
037
ふるかわ
有明海の幸と「さが酒」で一献、店主との酒談義も楽しい
038
温羅家
岡山への強い愛着を、地産の食と地酒で表現
039
小石
洗練された空間で粋に楽しむ、選りすぐりの美酒と季節の小料理
040
浦霞 禅
「吟醸酒」を世に知らしめた名杜氏・平野佐五郎氏
040
あきらめずに想いを貫く生き様が表現された酒
041
多賀冶
40歳過ぎて杜氏になった蔵元の情熱が込もった酒
041
大治郎
蔵主の性格そのままに柔らかくて丸みを帯びた酒
042
奈良萬
多くの人に日本酒の魅力を知らしめた酒
042
MIZUBASHO PURE
シャンパン製法の造りにこだわった発泡性清酒
043
寫樂
「SAKE COMPETITION」純米酒部門の1位
043
黒耀水を使ったジューシーかつ切れ味の良い酒質