■2016春号
さらなる高みを目指して

contents

009 2016 SPRING
さらなる高みを目指して
002
磯自慢酒造
伝統と革新、そして本物へ“もうひと手間”がより高みへと
006
喜多屋
飽くことなく極め続ける芳醇かつ透明感のある酒
010
新藤酒造店
明確なビジョンを掲げて実現する、企業としての酒蔵経営
014
大関
次世代を見据えた挑戦、「魁の精神」で新たなステージへ
018
下越酒造
確かな酒造理論と技術で拓く、日本酒の新たな価値
022
山根酒造場
「醸は農なり」。万象を「受け入れる」醸し手の美学
026
関西学生日本酒連合
学生スタッフが躍動、「OSAKA SAKE FLEA」もう一つの主役たち
028
日本酒の「イメージ」〜フランスで日本酒を広めるためには?〜
LY Youlin
029
中国市場の光と影
山本 敬
030
日本酒と料理のペアリングについて
赤星 慶太
031
ドイツ市場におけるプレミアム日本酒の価値
上野 ミュラー 佳子
032
海豚
米沢を代表する酒「雅山流」を地元の食材と共に
033
吟乃香
喜多屋の酒が何でも揃う酒粕料理も絶品!
034
つみ木
参拝帰りにはだし巻き玉子とワンカップ大関のひれ酒で
035
味処 進
純米酒をこよなく愛する店主との酒談義が楽しい
036
Ohmine
半世紀ぶりに復活。日本酒の可能性を広げる
036
十四代
意気込みと探究心が込められた「十四代」の大黒柱
037
奥播磨
緊張をほどいてくれた思い出の酒
037
手取川
石川オリジナルの酒造好適米「石川門」を100%使用
038
大信州
凛としながら奥ゆかしい。大和撫子のようなお酒。
038
山陰東郷
危機背負い、「呑み手」に絞った酒造りへ
039
墨廼江
震災から5年。津波被害から復興した蔵元の酒。
039
渡舟
「渡船」をいち早く復活し、原料米に使用