■2016夏号
個を生かす

contents

010 2016 SUMMER
個を生かす
002
新澤醸造店
品質本位の酒造りで切り拓く、日本酒の大いなる可能性
006
天山酒造
「不易流行」を掲げて挑戦を続ける蔵
010
秋田清酒
「出羽鶴」「やまとしずく」「刈穂」、ブランドの差別化で「質」と「量」の向上を図る
014
若戎酒造
たぐいまれな先見の明と独立独歩の精神で歩んだ、地酒蔵発展への道のり
018
惣誉酒造
毎日飲む「変わらない味」に磨きをかけて「地の酒」に生きる蔵元の信念
022
齊藤酒造
酒造りを通じて清酒の「楽しみ」を伝える
026
生誕80周年!!兵庫県産山田錦の挑戦は続く
033
思い思いの「雄町らしさ」求め、熱心に試飲 岡山県産雄町唎き酒会
034
「SAKE部門」10周年を迎え世界に向けた日本酒の魅力発信に弾み IWC2016「SAKE部門」メダル&トロフィー受賞酒発表会
030
シンガポールでの挑戦、妥協することなく冷蔵輸送・管理にこだわる
加藤 直光
031
ペアリングの重要性について
赤星 慶太
032
首都ベルリンではプレミアム日本酒がトレンディ
上野 ミュラー 佳子
036
旨い酒と肴 呑喜
大阪で出会える佐賀の味!呉豆腐と日本酒に舌鼓
037
京料理 清和荘
美しき日本の文化を味わえる、酒処・伏見の老舗料亭
038
一心本店
東北の海の幸と楽しむ、奥深き食中酒の世界
039
和台所 花
旬の幸や地酒で飲み手を魅了する、あふれんばかりの郷土愛
040
飛露喜
しなやかにビルドアップされた細マッチョ
040
日高見
本来のかくあるべき日本酒
041
辨天娘
紛れもない燗酒
041
一喜
最も「一喜」らしさが感じられる酒
042
ぺん吟
ペンギン好きスタッフのわがままでできたお酒
042
Shirakiku
食用米のみで挑む酒造り
043
醴泉
和食の王道を目指す「最高の食中酒」
043
風の森
「日本酒の入り口になる酒」と直感