■2017春号
酒が醸す 新たな出会い

contents

013 2017 SPRING
酒が醸す 新たな出会い
002
熊本県酒造研究所
「熊本酵母」の育種、技術指導に尽力 酒造りの根幹を支える“牽引車”
006
平孝酒造
“負けじ魂”で築き上げた「日高見」、無二の個性
010
福光屋
全量純米造りで拓いた活路 時代を見据えてマルチブランド化を実現
014
日本盛
日本酒の価値創造に挑む 類まれなベンチャー精神
018
醉心山根本店
繊細で滑らか 「稀に見る超軟水」の恵み釀す
022
結城酒造
酒造り5年目の女性杜氏が生み出す 人と人を結ぶ酒
026
鯉川酒造
地域と共に繁栄を願い 地の米、地の水で醸す純米酒
※文中にでてまいります神亀酒造・小川原良征氏は平成29年4月23日にご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします
030
ワイン消費国オーストラリアで日本酒ファンを増やす
落合 雪乃
032
器で変わる日本酒の味わいより美味しく飲むための器選び
楠田 卓也
033
アジアの酒屋づくりは人づくりから
株式会社折原
034
日本酒の奥深さを伝えるために失ってはならないこと
飯田 龍也 アレシャンドレ
035
ロンドンでの日本酒の教育にあたってSSI国際利き酒師講習について
大久保 里美
036
地理的表示(GI)について~テロワール確立への取り組み~
今田 周三
037
日本酒の魅力を若者へ 料理とのペアリングも体験
&SAKE 二十歳からの日本酒
038
「もやし屋」として酒造りを支える
秋田今野商店
041
酒蔵目指してハイキング「酒蔵みてある記」が好評 28コースに2万5千人超が参加
酒蔵みてある記
042
2日間で13万人を動員 成長支える地道な改善
にいがた酒の陣
048
世界各国のソムリエ、バイヤーら招き
日本酒の視察、交流会を実施
050
酒蔵をめぐり、まちを楽しむ
鹿島酒蔵ツーリズム2017&第3回嬉野温泉酒蔵まつり in佐賀県
044
人丸花壇 鯛庵
も料理も楽しく味わえるお客様本位の柔軟さが魅力 
045
海鮮ダイニングすえの
「安くて旨い」がコンセプトリピートしたくなる店
046
食道ささき
料理はオープンに酒は純米かつ燗酒をおすすめ
047
オリエンタルダイニングLOTUS
蔵人の想いが直接わかる酒をエスニック料理と共に提供
052
南部美人
純米吟醸青木スペシャル
052
田中六五 糸島産山田錦純米酒
上質な定番酒
053
ひこ孫 純米吟醸
私の生き方を決めた人と酒
053
冬花火
北海道産ならではの酒を追求
054
紀土 純米吟醸
春ノ薫風
054
京ひな一刀両断
一刀両断の冴えを見せる辛口の酒
055
磯自慢本醸造
挑戦を続ける磐石蔵の肩肘張らず飲める酒
055
AKABU 純米酒 NEWBORN
若い蔵人を率い「岩手を代表する酒」へ