酒蔵萬流 > 第3号 日本酒は次代へ > 米、水、人。 土地の恵みを活かし、 和をもって美酒を醸す
千代寿虎屋 山形県 寒河江市

米、水、人。 土地の恵みを活かし、 和をもって美酒を醸す

取材日 2013年12月
千代寿虎屋のある山形県寒河江市では、 古くから地元の米と水を使った酒を、地域の人たちの手で醸してきた。 その一方で、県外から杜氏を迎え入れ積極的な設備導入を図り、 酒質の向上を果たしてもきた。すべては真の山形の地酒を より多くの人に広め、愛飲してもらうため。 地産にこだわり酒造りにいそしむ同蔵の想いをひもといた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。