酒蔵萬流 > 第2号 継承と革新 > 地元との絆を深めながら 改革を続けるチャレンジ蔵
川鶴酒造 香川県 観音寺市

地元との絆を深めながら 改革を続けるチャレンジ蔵

取材日 2014年02月
地元に愛される普通酒のレベルアップと特定名称酒の充実を図り、 香川県の物産とのコラボ商品を手がけるなど、年々変化を遂げてきた川鶴酒造。 さらに2013年を改革の初年度と位置づけ、造りの工程や組織体制の見直しにも着手。 一致団結して高みを目指すのは、地酒蔵として地域に根付く蔵であり続け、 同時に日本酒の文化的、技術的価値を一層高め、次世代へ継承していくため。 熱き心で挑む6代目蔵元・川人裕一郎氏をリーダーに、改革を続ける同蔵の挑戦を追う。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。