酒蔵萬流 > 第5号 日本酒文化の再興 > 伝統と個性のバランスで 広く 「楽しむ」日本酒を実現
増田德兵衞商店 京都府 京都市伏見区

伝統と個性のバランスで 広く 「楽しむ」日本酒を実現

取材日 2015年02月
「月の桂」といえば「にごり酒」。 増田德兵衞商店は、 にごり酒のパイオニアとして知られているが、 古酒や低アルコール酒造り、海外進出、 原料米の自社栽培などにもいち早く着手してきた。 造りそのものは季節性や伝統を大切にしながらも、 日本酒を「飲む」だけでなく、 文化として「楽しむ」ことを提案している。 同蔵の挑戦の歴史と、 日本酒普及に向けた取組みを追う。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。