酒蔵萬流 > 第5号 日本酒文化の再興 > 先進的な設備を最大限に生かす醸造環境の徹底と人の技
土井酒造場 静岡県 掛川市

先進的な設備を最大限に生かす醸造環境の徹底と人の技

取材日 2015年01月
品質を極めるために先進的な設備を導入し、『能登杜氏四天王』と称された 波瀬正吉氏の技で全国新酒鑑評会で金賞受賞の常連となった「開運」。 その名を全国に広めたばかりか、静岡の地酒発展にも大きく貢献してきた。 6年前に杜氏が亡くなり、2014年には社長も交代。 若返った蔵は、銘酒「開運」のクオリティを守るため 先代たちが積み上げたものを真摯に引き継いだ。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。