酒蔵萬流 > 第3号 日本酒は次代へ > 気鋭の酒蔵が挑む 持続可能な日本酒文化の醸成を目指して
関谷醸造 愛知県 北設楽郡

気鋭の酒蔵が挑む 持続可能な日本酒文化の醸成を目指して

取材日 2014年08月
伝統の技と心で酒を醸し、米作りで地域の環境を守る。 そして、飲み手とのコミュニケーションを通して、日本酒の魅力を発信する。 多様化する食の嗜好に応え、国内外の日本酒市場で支持を得るため、 酒造業界は今、何を考え、何に取り組むべきなのか。 関谷醸造の多岐にわたる活動に触れ、酒造業界のあるべき姿を問うた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。