酒蔵萬流 > 第7号 原点へ回帰 > 自社栽培と有機の酒で切り拓いた 「農産酒蔵」の新潮流
丸本酒造 岡山県 浅口市

自社栽培と有機の酒で切り拓いた 「農産酒蔵」の新潮流

取材日 2015年05月
米の「育ち」を重視した稲作りを土壌から手掛け、米の持ち味を素直に引き出す酒を醸してきた、丸本酒造。 2007年以降は日本と欧米で相次ぎ有機認証を受けるなど、「農」を軸とした経営で第一線を走り続けている。 同蔵が取り組む「農産酒蔵」の現状と、同蔵が見据える将来像に迫った。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。