酒蔵萬流 > 第2号 継承と革新 > 「機械・技術による省力化」+「人間の五感」で 幅広い層のニーズを満たす
月桂冠 京都府 伏見市

「機械・技術による省力化」+「人間の五感」で 幅広い層のニーズを満たす

取材日 2014年06月
「つき」や「糖質ゼロ」に代表される経済酒を主力商品としながらも、さまざまな清酒を造り、幅広い消費者層に支持されている月桂冠。 醸造工程の機械化と研究所での技術革新によって発展してきた。 だが、377年の伝統はそれだけで守られているわけではない。 同蔵の酒造りを通して、大手酒造会社の使命を考える。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。