酒蔵萬流 > 第3号 日本酒は次代へ > 慣例を打ち破り、蔵の窮地を脱出 百年先の躍進を期す進化の道標
楯の川酒造 山形県 酒田市

慣例を打ち破り、蔵の窮地を脱出 百年先の躍進を期す進化の道標

取材日 2013年12月
やさしい香味と清らかな口当たりであまたの愛酒家を引き付ける、銘酒「楯野川」。 蔵存続の危機を乗り越え、創業当初の酒銘とともに新たな歴史の一歩を踏み出した 楯の川酒造は今、次の100年に向けて助走を始めたばかりだ。 地元山形県産の酒米を使い大切に醸した 純米大吟醸酒「TATENOKAWA」を、世界へ。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。