酒蔵萬流 > 第2号 継承と革新 > 手造りで積み上げた英知を、次代へ伝承 「日本酒文化の発展」を願う
酒田酒造 山形県 酒田市

手造りで積み上げた英知を、次代へ伝承 「日本酒文化の発展」を願う

取材日 2013年12月
いまや名杜氏として全国に名を馳せる、酒田酒造の佐藤正一氏。 彼が手がける「上喜元」は、米の特性を引き出し、手造りならではの温もりや繊細さを醸し出す。 深い味わいの原点となっているのが、佐藤氏が尊敬してやまない業界の先輩から受け継いだ技術の数々。 その極意と理念を、佐藤氏はさらに新しい世代へ継承しようとしている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。