酒蔵萬流 > 第1号 魅力多き日本酒世界 > 浮沈の末に辿り着いた酒造り その技術・アイデアを 惜しみなく提供
相原酒造 広島県 呉市

浮沈の末に辿り着いた酒造り その技術・アイデアを 惜しみなく提供

取材日 2014年02月
「上品・きれいな食中酒」を理想とし、造り続けている相原酒造。 過去の様々な鑑評会でも優秀な成績を収めてきたが、 昨年は市販酒で競い合うイベントの純米酒部門においても、 同蔵の「雨後の月 特別純米」が見事一位に輝いた。 このように出品酒から市販酒まで高い評価の酒を生み出せるのは、 杜氏や蔵人の技術や感性はもちろんのこと、 作業中のちょっとした工夫から莫大な設備投資まで、 常にベストな方法を探し、選択してきたからこそ。 その裏には相原社長の酒造りに対する 探究心と柔軟な姿勢があった。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。