酒蔵萬流 > 第3号 日本酒は次代へ > 低温瓶貯蔵にこだわり 季節・限定商品で差別化を図る 造るのは 「求められる酒」
日の丸醸造 秋田県 横手市

低温瓶貯蔵にこだわり 季節・限定商品で差別化を図る 造るのは 「求められる酒」

取材日 2013年11月
純米酒比率85%超。製造量の8割が、生詰めの低温瓶貯蔵。 それも、近年ではタンクごとに異なる酒米と酵母で、 シングルカスクの季節・限定商品を販売している。 ベストな状態で熟成させたこれらの酒は 全国の直接取引のある酒販店でしか手に入らない。 日の丸醸造が低温瓶貯蔵にこだわる理由、 そして、この販売戦略が実現した経緯とは?

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。