酒蔵萬流 > 第5号 日本酒文化の再興 > 灘本流の日本酒を目指し丹波流の伝統を豊かに受け継ぐ
沢の鶴 兵庫県 神戸市灘区

灘本流の日本酒を目指し丹波流の伝統を豊かに受け継ぐ

取材日 2015年03月
銘醸地・灘で300年近い歴史を誇る沢の鶴。 米にこだわり、「米だけの酒」をヒットさせ、 「純米酒」で大手酒造メーカーとの差別化を図ることに成功。 さらに、自社だけでなく、灘の酒全体の活性化に尽力し、 日本酒業界へも多方面から貢献してきた。 創業300年を間近にした今、 これまでの活動と成果を振り返る。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。