酒蔵萬流 > 第9号 さらなる高みを目指して > 飽くことなく極め続ける芳醇かつ透明感のある酒
喜多屋 福岡県 八女市

飽くことなく極め続ける芳醇かつ透明感のある酒

取材日 2016年02月
2013年のIWCで チャンピオン・サケを受賞し、 世界一の称号を得た「大吟醸 極醸 喜多屋」。 そこに至る道のりには、 喜多屋の代表取締役社長である 木下宏太郎氏の熱意と探究心があり、 一体となって酒造りに挑む蔵人たちの姿があった。 世界一になってもなお、理想の酒を極め続ける 同蔵の取組みを追う。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。