酒蔵萬流 > 第9号 さらなる高みを目指して > 「醸は農なり」。 万象を「受け入れる」 醸し手の美学
山根酒造場 鳥取県 鳥取市

「醸は農なり」。 万象を「受け入れる」 醸し手の美学

取材日 2016年02月
「旨い酒」とは何かを、原料から考える。 各生産者が育てた米と向き合い、 一つひとつの酒に命を吹き込む。 山根酒造場の酒造りには、 関わる人を巻き込み、 心躍らせる魅力がある。 次は何に挑むのか、 どんな想いで取り組むのか、 興趣が尽きない。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。