酒蔵萬流 > 第10号 個を生かす > 「出羽鶴」「やまとしずく」「刈穂」ブランドの差別化で 「質」と「量」の向上を図る
秋田清酒 秋田県 大仙市

「出羽鶴」「やまとしずく」「刈穂」ブランドの差別化で 「質」と「量」の向上を図る

取材日 2016年03月
出羽鶴と刈穂の両酒造場を有する秋田清酒は今、進化のただ中にある。 中でも出羽鶴酒造は、地元の酒販店や契約農家とともに立ち上げた 「やまとしずく」シリーズの成功をバネに、酒質と醸造数量の向上に挑む。 先に見据えるのは、出羽鶴酒造の全量純米酒化。 そして、米作りから流通までを地元で担う、酒造りの新たな仕組み作りである。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。