酒蔵萬流 > 第10号 個を生かす > 毎日飲む「変わらない味」に磨きをかけて「地の酒」に生きる 蔵元の信念
惣誉酒造 栃木県 市貝町

毎日飲む「変わらない味」に磨きをかけて「地の酒」に生きる 蔵元の信念

取材日 2016年05月
地元の人々に日々愛飲される酒を大切に造り続けてきた惣誉酒造。ライフスタイルや飲み手の嗜好が多様化した今もその姿勢を貫き、全醸造数量の9割以上を栃木県内に出荷している。同蔵の酒造りを支えるリネンや地酒蔵が今後果たすべき役割とは。蔵元の想いを訊いた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。