酒蔵萬流 > 第11号 地道に、まっすぐに > チャレンジで付加価値を創造 「六甲テロワール」の追求に挑む
神戸酒心館 兵庫県 神戸市

チャレンジで付加価値を創造 「六甲テロワール」の追求に挑む

取材日 2016年08月
なぜ社名が「福寿酒造」ではなく「神戸酒心館」なのか。 酒蔵と料亭、物販、イベントホールが一体となった 今の事業スタイルで目指しているゴールはどこなのか。 それを探るには、1995年まで遡らなければならない。 阪神・淡路大震災から21年。 あの時全壊した酒蔵は「神戸酒心館」として甦り、 伝統と革新の酒造りを守りながら、日々挑戦を続けている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。