酒蔵萬流 > 第11号 地道に、まっすぐに > 「細部に酒造りの神は宿る」人、米、水の縁を信じて醸す、 魂のしずく
富士酒造 島根県 出雲市

「細部に酒造りの神は宿る」人、米、水の縁を信じて醸す、 魂のしずく

取材日 2016年02月
代々受け継がれた醸造設備を使い、丹念に手造りする。 五感を研ぎ澄まして醸した酒には、常に最高を目指す造り手の魂が込められている。 銘酒「出雲富士」が誕生して約80年、四代目今岡稔晶氏が杜氏に就任して 10年の節目を迎えた今年、新たに見据える蔵の展望とは。 真の地酒、日本酒の本質を追求し続けてきた、富士酒造の理念に迫る。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。