酒蔵萬流 > 第12号 多様性と一貫性 > 昭和旭蔵の誕生と杜氏藤尾正彦氏の貢献が支えた「あさ開」ブランド躍進の礎
あさ開 岩手県 盛岡市

昭和旭蔵の誕生と杜氏藤尾正彦氏の貢献が支えた「あさ開」ブランド躍進の礎

取材日 2016年11月
「あさ開」は、万葉集に収められた和歌の一節に由来する言葉。 大いなる朝日を浴び新しい時代へと漕ぎ出すという蔵元の強い意志が込められている。 近年は積極的な醸造環境の整備や南部杜氏の藤尾正彦氏による酒造りが功を奏し、 岩手県トップクラスの出荷量を誇る蔵に成長。 清らかで飲み飽きない「あさ開」の味わいを支えてきた、蔵元の取り組みを振り返る。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。