酒蔵萬流 > 第13号 酒が醸す 新たな出会い > 全量純米造りで拓いた活路 時代を見据えて マルチブランド化を実現
福光屋 石川県 金沢市

全量純米造りで拓いた活路 時代を見据えて マルチブランド化を実現

取材日 2016年11月
万石蔵の規模では、全国で最も早く 全量純米造りに切り替えた福光屋。 清酒消費の低迷が続く中、 女性をターゲットにし、マルチブランド政策を推進。 先代のやり方や業界の常識にとらわれず、 革新を続けてきた十三代当主、 福光松太郎氏の経営戦略に迫る。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。