酒蔵萬流 > 第18号 地元を想う > 日本酒の新たな価値を創造する「山本」の戦略的ブランディング
山本合名会社 秋田県 山本郡

日本酒の新たな価値を創造する「山本」の戦略的ブランディング

取材日 2018年04月
六代目蔵元山本友文氏の責任醸造ブランド「山本」の誕生から、約10年。 洗練された酒質とユニークなコンセプトによって磨き上げられた数々の商品が、市場で輝きを放ち続けている。 音楽業界で培われた類まれな創造性で、廃業の危機迫る蔵の未来に明るい道筋をつけた同氏。 その軌跡に触れるとともに、蔵元の発展を支えた酒造理念や将来への想いに迫った。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。