酒蔵萬流 > 第25号 未来に想いを馳せ > 「蔵元杜氏という憧れ」を創り出した慢心なく今なお走り続ける「時代のパイオニア」
廣木酒造本店 福島県 河沼郡

「蔵元杜氏という憧れ」を創り出した慢心なく今なお走り続ける「時代のパイオニア」

取材日 2020年02月
「無濾過生原酒」という文化を浸透させた蔵元杜氏のパイオニアとして、 今や業界のなかで「飛露喜」の名を知らない者はいない。 かつて杜氏の移籍、父の急逝…、困難に直面し廃業を覚悟したが、 人との出会いを通じて、新時代の日本酒の味わいを模索しながら形にしてきた。 いかにして現在の「飛露喜」が生まれたのか。こだわりは。今後の展望とは。 代表取締役兼杜氏・廣木健司氏の等身大の姿に迫った。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。