酒蔵萬流 > 第25号 未来に想いを馳せ > 最高級の純米酒を醸し世界中の美食家を唸らせる
仙台伊澤家 勝山酒造 宮城県 仙台市

最高級の純米酒を醸し世界中の美食家を唸らせる

取材日 2019年10月
「日本酒の素晴らしさを世界に広めたい」。 仙台伊澤家勝山酒造代表取締役社長の伊澤平藏氏は常々、こう語ってきた。今や世界20カ所以上の国や地域の酒通や美食家を唸らせる食中酒として知られるところとなった銘酒「勝山」。2005年の蔵の移転を機にあえて規模を縮小し、全量純米酒を醸す酒蔵として丁寧な酒造りを心掛けた取り組みへの世界の評価は高く、あたかもブティックワイナリーを思わせる存在感を放っている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。