酒蔵萬流 > 第25号 未来に想いを馳せ > 基本に忠実かつ時流の先も見据える「懐が深い」 味わいを 次世代へ
岩崎酒造 山口県 萩市

基本に忠実かつ時流の先も見据える「懐が深い」 味わいを 次世代へ

取材日 2020年10月
幕末の志士を数多く輩出した萩。 この地で、代々の杜氏の教えを守りつつ、 酒質の向上を志向し続ける酒蔵が、岩崎酒造だ。 その酒造りの背骨には、 丁寧な小仕込みと基本に忠実な篤実さ、 懐の深さがあった。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。