酒蔵萬流 > 第25号 未来に想いを馳せ > 常に時代をとらえ、新しいアプローチで次代の酒を模索し続ける
林本店 岐阜県 各務原市

常に時代をとらえ、新しいアプローチで次代の酒を模索し続ける

取材日 2020年08月
2012年、再建を期して「百十郎」ブランドを立ち上げた。 以来、企業に勉強に出向き、時に孤立しながらも、挑戦と躍進を続けてきた代表取締役の林里榮子氏。 現在では最大の理解者と若い蔵人たちとともに、さらなる酒質向上と組織改革を叶えファンを獲得し続けている。 特許取得した「トリプル発酵製法」とは? 今年100周年を迎える 林本店の今を聞いた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。