酒蔵萬流 > 第26号 「地酒」を問う > 隠岐唯一の酒蔵として歴史、風土の語り部となる
隠岐酒造 島根県 島根県隠岐郡

隠岐唯一の酒蔵として歴史、風土の語り部となる

取材日 2020年03月
「日本酒発祥の地」出雲地方の北東に位置する隠岐諸島は、後鳥羽上皇や後醍醐天皇配流の地、あるいは隠岐騒動の舞台として知られる。 2013年には「隠岐ユネスコ世界ジオパーク」に認定。 独特の地質や生態系、文化は、今も島の人たちによって大切に受け継がれている。 そんな歴史と自然豊かな環境にある隠岐酒造は、島唯一の酒蔵として島内外に多くのファンを持つ。 銘酒「隠岐誉」とともに郷土の魅力を発信し続ける蔵元の取り組みと想いを取材した。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。