酒蔵萬流 > 第28号 「可能性」を信じて > 「太い味」の酒を醸し日本酒市場 底上げに 邁進する老舗
鍋店 千葉県 千葉県成田市

「太い味」の酒を醸し日本酒市場 底上げに 邁進する老舗

取材日 2020年12月
硬水と米本来の味わいを生かした「すっぴんで勝負できる」酒を醸すこと。 そして、まちおこしで日本酒市場の底上げを図ること。 それが、足掛け10年以上にわたる海外生活で日本酒の良さを 再認識した経営者が、江戸時代から伝わる屋号を守りつつ、 マーケットの変化に対応するために編み出した秘策だった。 その挑戦の軌跡を追う。 

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。