酒蔵萬流 > 第29号 尽きせぬ向上心 > 「豊盃米」のポテンシャルに導かれて兄弟で向き合う 自然体の酒造り
三浦酒造 青森県 青森県弘前市

「豊盃米」のポテンシャルに導かれて兄弟で向き合う 自然体の酒造り

取材日 2021年03月
三浦酒造の代表銘柄「豊盃」が、ある雑誌で紹介されたことを きっかけに全国に知られることとなったのは、およそ20年前。 兄の三浦剛史氏と弟の文仁氏が杜氏になってわずか 2造り目に手掛けた酒がプロの目に留まった。 以来、三浦酒造を取り巻く環境は一変したが、 酒造りに謙虚に向き合う彼らの姿勢は昔も今も変わらない。 今ある恵みに感謝し、あるがままを受け入れる彼らの人柄も、 多くの飲み手を惹きつけている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。