酒蔵萬流 > 第30号 地域をつくる > 酒蔵再生、10年の軌跡 地域に愛される地酒蔵めざして
三冠酒造 岡山県 倉敷市

酒蔵再生、10年の軌跡 地域に愛される地酒蔵めざして

取材日 2021年03月
酒蔵を継ぐ予定もつもりもなかった蔵元の長男、 前畠眞澄氏が一転、三冠酒造に戻ったのは2011年。 廃業を考えていた父に代わり、蔵の再興を決意してのことだった。 幾度も壁にぶつかりながらも根気強く改革に取り組む中、蔵の状況は徐々に好転。 持ち前のプラス思考と発想の転換で、蔵の前途に光明をもたらした。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。