酒蔵萬流 > 第31号 信じる道を行く > 五城目の歴史風土を酒に映し、次の300年へ想い託す
福禄寿酒造 秋田県 南秋田郡

五城目の歴史風土を酒に映し、次の300年へ想い託す

取材日 2021年11月
日本酒の成分の8割を占める水は、酒造りと切っても切れない資源だ。 口あたりや味わいを左右したり土地を語ったりと、その役割は大きい。 「一白水成」は文字通り地元に湧く水に個性を見出し、酒質設計の柱に据えて造られている。 酒造りを通して伝えるのは、この地でしか表現できない風土の魅力である。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。