酒蔵萬流 > 第31号 信じる道を行く > 神戸に「愛郷心」という灯りをともした復活蔵 従業員一丸となって 成長し続けながら歩む道のり
泉酒造 兵庫県 神戸市

神戸に「愛郷心」という灯りをともした復活蔵 従業員一丸となって 成長し続けながら歩む道のり

取材日 2021年10月
灘の老舗酒蔵 泉酒造は、阪神・淡路大震災で甚大な被害に遭い酒造を中止していた。 やがて常務取締役の泉 藍氏が、自ら立ち上がり酒造を復活させたのは2007年のこと。 以来ワンマンとは無縁のチームプレイによって、全員で成長を続けてきた。 その結果「仙介」は、ガス感溢れるフレッシュな味わいが支持され地元神戸を中心に愛されている。 復活から15年。現在の様子を探るため、完成したばかりの新社屋を訪ねた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。