酒蔵萬流 > 第32号 日本酒の表現者たち > 熟成させた純米燗酒で食と酒との一体感を極める
川西屋酒造店 神奈川県 足柄上郡

熟成させた純米燗酒で食と酒との一体感を極める

取材日 2021年12月
川西屋酒造店の「丹沢山」は、燗をつけるための酒だ。 「純米燗酒は、食事を引き立て、体にもやさしいのでたくさん飲める」。 蔵元の露木雅一氏は、純米燗酒こそが日本酒の消費量を増やすはずだと、 原料米を確保し、純米にこだわり、毎日飲める燗酒を造り続けている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。