酒蔵萬流 > 第33号 地に根差し 無二を極める > 「チーム義侠」で毎年向上させる 原料米の力を 最大限に活かした酒造り
山忠本家酒造 愛知県 愛知県愛西市

「チーム義侠」で毎年向上させる 原料米の力を 最大限に活かした酒造り

取材日 2022年10月
兵庫県の東条地区を山田錦の産地としてブランド化し、 最高級の米で、その力を信じて酒造りをしてきた山田明洋氏。 その想いを引き継いだのが、十一代目蔵元の山田昌弘氏だ。 毎年、「過去最高の酒」となるように、「チーム義侠」で意見を出し合い、 トライ&エラーと検証を積み重ねている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。