酒蔵萬流 > 第33号 地に根差し 無二を極める > スピードと決断力で磨き上げた「1杯目に旨い酒」
重家酒造 横山蔵 長崎県 長崎県壱岐市

スピードと決断力で磨き上げた「1杯目に旨い酒」

取材日 2022年10月
1900年初頭、壱岐には17軒の日本酒蔵があった。 しかし、蔵の統合や杜氏の高齢化などを背景にその数は減少。 重家酒造も90年に日本酒の休造を余儀なくされた。 あれから約30年。重家酒造が新蔵を立ち上げたことで、 この島に再び日本酒文化の灯がともされた。 最高の品質の酒を醸し、壱岐の魅力発信に取り組んできた 蔵元の4年間の軌跡を紹介する。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。