酒蔵萬流 > 第34号 謙虚に、前へ > 大地の恩恵に感謝し、醸しに導く「産土」の世界観
花の香酒造 熊本県 熊本県玉名郡

大地の恩恵に感謝し、醸しに導く「産土」の世界観

取材日 2022年04月
産まれた土地の守り神やモノを産み出す恩恵を意味する「産土」。 花の香酒造は「土着の生産風土」や「文化を大切にする」ものづくりの精神をこの言葉に込め、 昨年、新たなブランド「産土」を立ち上げた。自然や生態系を本来の姿に還し水環境を守り、 在来品種の米と伝統製法で酒を醸す彼らの挑戦には、困難が常につきまとう。 にもかかわらず、それらと対峙する六代目蔵元・神田清隆氏の表情には、この上ない充実感がみなぎっていた。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。