酒蔵萬流 > 日本一小さな酒蔵が目指す100石以下の 酒蔵経営のロールモデル
杉原酒造 岐阜県 岐阜県揖斐郡

日本一小さな酒蔵が目指す100石以下の 酒蔵経営のロールモデル

取材日 2023年02月
年間の製造数量はわずか80石。「射美」を醸す杉原酒造は「日本一小さな酒蔵」と呼ばれている。廃業しかけた蔵を継ぎ、「射美」を全国の特約店で販売できるまでにしたのは、五代目蔵元の杉原慶樹氏だ。次なる目標は「100石以下の酒蔵が食べていけるモデルを構築すること」。杉原氏の改革と挑戦はまだ続く。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。