酒蔵萬流 > 有料記事 > 浪の音の聞こえる場所で復興のエッセンスを醸す
佐々木酒造店 宮城県 宮城県名取市

浪の音の聞こえる場所で復興のエッセンスを醸す

取材日 2024年06月
東日本大震災での被災。史上初の仮設蔵での酒造り。 そして創業の地・閖上での復活、とこの12年、激動の道のりを歩んできた佐々木酒造店。 ふるさとへの思いを新たに次世代につなぐ酒造りと、震災を経たからこそ気づいた地酒の果たす役割とは。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。