酒蔵萬流 > 有料記事 > 地元が誇れる酒蔵を目指した若き蔵元杜氏の改革
早川酒造 三重県 三重県三重郡

地元が誇れる酒蔵を目指した若き蔵元杜氏の改革

取材日 2024年04月
50石未満の酒を家族で造っていた早川酒造に、大きな変化が起きたのは2009年のこと。 四代目蔵元の早川俊人氏が自分でタンク1本の酒を仕込んだのだ。 「田光」と名付けたその酒は、年々品質を上げ、ファンを獲得してきた。 その改革と経緯を追う。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。