酒蔵萬流 > 有料記事 > 「品のあるきれいな酒を造りたい」一歩ずつ一途に追求
伴野酒造 長野県 長野県佐久市

「品のあるきれいな酒を造りたい」一歩ずつ一途に追求

取材日 2024年04月
「澤の花」「ボー・ミッシェル」というタイプの違う2つの銘柄を持つ伴野酒造。 どちらも6代目蔵元の伴野貴之氏が中心になって酒造りをするようになってから、 酒質が向上し、ブランドとして確立された。「譲れないものは、譲れない」。 そう言って、酒造りに向き合う伴野氏の信念が、飲み手の心をとらえている。

この記事は有料会員限定です。(有料会員について)

有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。